JR北の廃線やめさせよう おぎう衆院道6区候補が自治体訪問

「JR北の廃線やめさせよう おぎう衆院道6区候補が自治体訪問」という見出しの記事が、『しんぶん赤旗』24日付の「北海道・東北のページ」に掲載されました。

以下全文を引用・紹介します。

北海道の日本共産党上川地区委員会と、おぎう和敏衆院道6区候補は16日までの5日間、地区内の自治体を訪問し、JR北海道が打ち出した路線廃止問題で市長、町長らと熱心に懇談しました。                      (北海道・土田浩一記者)

JR北が昨年11月に道内の路線の半分以上、10路線13区間を「自社単独での維持が困難」と発表したことに沿線住民から批判の声があがっています。

上川管内は4路線(宗谷本線、石北線、根室本線、富良野線)が対象です。

党の政策に共感

おぎう氏らは、宗谷(12、13日)、石北(14日)、富良野・根室(15,16日)各線の沿線17自治体に「鉄道路線廃止に歯止めをかけ、住民の足と地方再生の基盤を守るために」との日本共産党の鉄道政策を渡しました。

すでに「読ませてもらった」という自治体幹部もいました。

3月のダイヤ改正で宗谷本線は、札幌-稚内間の特急列車3往復のうち直通が1往復、2往復が旭川-稚内間の運行となりました。

中川町の川口精雄町長は、出生率が高い同町が「住みやすい町づくりを実践して頑張っている時にJR問題が出てきた。国の責任で路線を守るという共産党の訴えの通りだと考えている」と話します。

音威子府村の左近勝村長は「5年後に資金ショート(不足)することを今頃なぜいうのか。計画のシナリオが拙速すぎる。各地域の協議会の輪も広がっているので、支援をお願いした」と訴えました。

士別市役所を訪れたおぎう氏は斉藤昇市議とともに、相山佳則副市長と懇談。相山氏は「(分割)民営化の検証は必要であり、国がしっかり対策を示すべきだ。『オール北海道』で地域の足をどう守るかが問われている。災害対策として交通手段は複数必要でないか」と語りました。

おぎう氏は「JR問題は超党派で取り組むべき課題です。資金ショートは起こしてはならないが、公共交通はどうあるべきかを見据えて考える必要がある」と応じました。

地域住民とともに

名寄市役所訪問には、猿子昌正地区委員長と川村幸栄市議が加わり、加藤剛士市長と意見交換しました。「地域を巻き込んで利用しやすい鉄道にするためにどうするかの検討が必要だ」と加藤市長。「地域でやるのはもちろん、国の支援がなければ根本的な解決はない。国が音頭をとってやっていくことが必要だ」とのべます。

市長会として高橋はるみ知事に申し入れたと紹介し、「知事は先頭に立ってやるといっているが、もっとリーダーシップを発揮してほしい」と加藤市長は訴えます。「JR北は車両が古くなっても赤字で更新ができないというが、それで路線の廃止・縮小とはならないはずだ。JRが地域や利用者に目を向けていたのかは疑問で、公共交通の役割、責任はある。ぜひ改善してほしい」

おぎう氏は、地域住民の命を守るうえで、最も大事な安全への投資を怠ったJR北を批判。「鉄道は民間任せや営利企業として成り立つのか。TPP(環太平洋連携協定)と同じように『オール北海道』でとりくめば活路が見いだせる。国の責任と支援が絶対必要です」と語りました。

訪問には、生出栄地区自治体部長・東神楽町議と各市町村議が同行しました。

IMG_1880.jpg




石川文洋氏が、カメラマン人生で一番辛かったことは?

昨4日、石川文洋氏の講演を聞きました。

氏は、ベトナム戦争で米軍とともに取材しながら、圧倒的な戦力を持つ米軍は、ベトナムでは勝利できないと思ったと言います。

それは、米軍は侵略者であり、行く先々でベトナムの人びとの命を奪い、生活を破壊しているという、明快な事実が根拠でした。

講演終了後の、「カメラマンとして一番辛かったことは?」という質問に対して、

「解放戦線の兵士が捕えられて、拷問されているのにシャッターをきったとき」と、答えらました。

ベトナム戦争の頃から社会変革の運動に参画した私は、捕えられた兵士の同胞への献身と、彼のその後の運命に思いを馳せて、瞼が熱くなりました。

yjimage1D9VXT0V.jpg






「『共謀罪』法案強行を採決するな!」街頭で緊急に訴えました

今日昼休み、旭川市の平和通買物公園で、まじま隆英旭川市議と一緒に、「自民、公明、維新は『共謀罪』法案を強行採決するな!」と、街頭で緊急に訴えました。

車の中や歩行者から、手を振ってくれる人たちがいました。

通りがかりの市民が、そばでビラを配っていた党員に、「今まで自民党に入れてきたけど、このごろ共産党の言うとおりだと思うようになった。今度の選挙は共産党に入れる」と話しかけてきました。

IMG_0049.jpg


エンドクレジットで誰も席を立たなかった、降旗康男監督と木村大作カメラマンの『追憶』を観ました。

降旗康男監督と木村大作カメラマンの『追憶』を観ました。

実の母の愛に触れることのできない3人の少年が、苦界から逃れたマリアのような女性に育てられているところから、映画は始まります。

ある事件がきっかけになって、4人は離れ離れになり、25年後に、刑事、ガラス店主(殺人事件の被害者)、土建業者(被疑者)として、再開します。

映画は、予想外の展開をしますが、心が熱くなる結末でした。

どの映画でも、エンドクレジットでは、観客のかなりの人びとは、ぞろぞろと席を立ちますが、本作では、誰ひとり席を立つ人はいませんでした。

さすが、両巨匠の作品です。

主演の安藤サクラさんが『しんぶん赤旗』日曜版の5月7日号で、降旗康男監督が『しんぶん赤旗』4月24日付で、インタビューに応じてくださっています。

212e8fdf643e0570e48fa96496a420d9[1]

今回の、安倍首相の改憲の手口を、すでに見抜いていた論稿があります。月刊誌『経済』6月号の渡辺治氏の論文です。

安倍首相は今月、『読売』インタビューや改憲団体へのメッセージで、「九条改憲」を打ち出しましたが、首相の手口を、すでに見抜いていた論稿があります。

先月3日に収録された、月刊誌『経済』6月号に掲載の、渡辺治氏の論文です。

「安倍首相はとにかく改憲を実現したいために、・・・九条改憲は後回しにするのでは、という見方もありますが、・・・そんな余裕はありません

・・・安倍首相は、二つの戦術をとろうとしています。

第一は、教育無償化とか・・・『アメ』を前面に立て、そうした『アメ』とセットで『九条改憲』を飲ませようという作戦です。

・・・

第二は、九条の改正案も、自民党日本国憲法改正草案のような改憲派の『理想案』を追求しないという戦術です」

見事な洞察だと思いました。

渡辺氏は、同論文で、市民と野党の共同がある限り、安倍首相が衆院選に打って出ることが難しくなっていると述べています。

同感です。

私たちが進むべきは、安倍氏が「この共同を潰すことは不可能。時が経てば経つほど強まる」と観念するまで共同を前進させ、観念して衆院を解散させることだと思います。

yjimage[7]







プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR