不破哲三『スターリン秘史』第6章を読みました

不破哲三氏が、月刊誌『前衛』に連載している、『スターリン秘史』の第6章(7月号分)を読みました。

今回の標題は、『変質の理論面での特徴』ですが、内容の紹介は、はぶきます。

ひとつ、印象的だったのは、「スターリンが『大テロル』でおこなった蛮行は、その内容ではヒトラー・ファシズムのその時点での蛮行をさえ上回るものでした」の述べられていることです。

「その時点での」という、時間的な限定がついていますが、スターリンは、ヒトラー以上の巨悪だったということです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR