「大」新聞が、社説で事実を歪曲したら、国益を損ねます

「米議会や欧州議会などは、旧日本軍が『女性を強制的に性奴隷化した』といった、誤解に基づく対日批判決議を採択している」

驚くべき主張、事実の歪曲です。

23日付『読売』社説の叙述です。

安倍内閣が、天皇を政治利用し、沖縄をはじめ国民的批判を無視して「発効記念式典」をひらいたサンフランシスコ平和条約。

この条約で日本政府は、極東軍事裁判(いわゆる東京裁判)の判決の受諾を、国際社会に誓約しました。以下は、その判決の抜粋です。

「日本軍は長沙を占領した後に、同地方の到る所で、殺人、強姦、放火およびその他数々の残虐行為をほしいままに行った。それから江西省の桂林と柳州へ向けて、さらに南下した。桂林を占領している間、日本軍は強姦と掠奪のようなあらゆる種類の残虐行為を犯した。工場を設立するという口実で、かれらは女工を募集した。こうして募集された婦女子に、日本軍隊のために醜業を強制した」(『極東軍事裁判速記録』第10巻)

同裁判では、他にも、引用するだけで目がくらむような、おぞましい、「慰安婦」の「強制連行」の数々の手口が、認定されています。(『前衛』2012年10月号の小松公正氏の論文を参照してください)

同社説の標題は「維新VSみんな 改憲論議が失速しては困る」です。

日本の国際公約でもある、憲法9条を亡き者にしようとしている社説執筆者の、気持ちがわからないではありません。

しかしこれは、『読売』自らの墓穴を掘るのみならず、国際問題になり、ひいては日本の国益をも損ねかねない「社説」です。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR