「『アベノミクス』の末路を描いている?」映画を見ました

「『アベノミクス』がこのまま続いたら、日本の末路はこうなりますよ」と言っているような、映画を見ました。

「アベノミクス」が登場する前に、制作が始まっていたのでしょうから、驚きです。

その映画とは、「相棒劇場版 2013 XDAY」です。

制作する側も、「アベノミクス」の登場までは、予測していなかったのではないでしょうか?

映画は、国債の大量発行→国債価格の暴落→金融機関の経営破たん→日本経済の大混乱が、現実のものとなり得る状況のもとで進行します。

映画では、この「シナリオ」を国民に甘受させようと企む権力者たちと、この企てを、命を賭してくい止めようとする、銀行員のカップルを軸に進行します。


安倍首相のおかげで、迫真の映画になっています。おすすめです。

同時に、映画のようになる前に、「アベノミクス」を止めさせなければならないと、強く思いました。

imageCAZTJ4K1.jpg
           映画のシーン 一万円札が宙を舞う
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR