スロベニアに反緊縮の新政権 法王庁の戒めもIMFの耳には入らない?

旧ユーゴスラビアのスロベニアで、反緊縮の新政権が誕生しまた。ブラトゥシェク新首相は、中道左派の政党「積極的なスロベニア」の42歳の女性党首です。

新政権の最大の課題は、IMFや欧州中央銀行などからの融資を回避することです。これらの融資には、ギリシャやキプロスなどのような過酷な緊縮策が、セットされているからです。

本日付の『赤旗』日刊紙が報じています。http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-03-25/2013032501_03_1.html

IMFが主導する緊縮策には、ローマ法王庁からも、以下のような厳しい批判が寄せられています。

「市場の崇拝と新自由主義的思考は、経済問題に対して技術的な解決策しか示していない。

技術の進歩が国境を越えて広がっているこの時こそ改革が必要だ。

IMFは、通貨供給量を調節して世界経済を安定させる力も能力もなく、現在のシステムが引き起こした金融危機を制御することもできない。金融システムを規制する世界的な中央銀行のような役割を持った組織が必要である」(ローマ法王庁「正義と平和評議会」2011年10月24日)

「金融界の人びとは、自らが作ってきた世界の金融ルールが人類と公共の利益にとって実際に役立ってきたのか考え直す必要がある」(同評議会議長のピーター・タークソン枢機卿の記者会見)

この批判から1年半。「金融界の人びと」は、聞く耳を持たないようです。今も、野中ともよさんから、「お金こそ神、の金融人は凄まじい」と言われる始末です。

「お金こそ神」という人びとに退場願うためには、「『1%』のための政治・経済」の変革をめざす運動の発展・高揚が必要です。


kva-001[1]
                             ローマ法王庁





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR