安倍首相が「農産物輸出を2倍にする」と言いながらTPP交渉参加表明 

自民党総裁である安倍首相が、総選挙の自民党の公約を踏みにじって、TPP交渉への参加を表明しました。

記者会見で、首相は、「農産物の輸出を2倍にする」と力強く発言し、ここに日本農業の活路があるかのように、印象づけられました。テレビは、この部分を何回も繰り返して紹介しました。

しかし、日本の農産物の輸出は年間2000億円程度で、農業生産額の40分の1、農産物輸入額の25分の1程度に過ぎません。これが2倍になったからと言って、農業の活路が開かれることはありません。

日本農業の活路は、TPPに加入して、それでも生き残れる「20分の1」に賭けることでは、開けません。

いま、日本の農林水産業は、困難な中でも毎年5000万人分もの食糧を生産しています。

日本の農地は、1ヘクタールで10人以上もの人を養える生産力があります。英仏独の農地は2~5人です。アメリカは0.8人です。オーストラリアの農地は10ヘクタールでやっと1人が養えます。

また、日本の農林水産業は、日本学術会議や三菱総合研究所によれば、洪水防止、水質浄化、二酸化炭素吸収などで、年間89兆円もの多面的機能を果たしています。

21世紀は、世界的に食糧不足が心配されています。日本の農林水産業を守り育てることは、国政的な責任であり、TPPでそれを壊すことは、愚かな、許されざる行為だと思います。


IMG_1057.jpg
                     北海道の穀倉  旭川の田園の冬の夜明け























 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR