アベノミクス批判 共産党笠井亮衆院議員の質問に反響が寄せられています。

8日の衆院予算委員会での笠井亮議員の質問に反響が寄せられています。

翌日の『朝日新聞』は、「この日の一問 共産・笠井亮氏」と、「『第一委員室の男』今こそ」の見出しをたてています。以下一部を引用します。

「橋本龍太郎氏以降の10人の首相全員と対決。・・・他党議員から『第一委員室の男』と呼ばれた。・・・質問では・・・『アベノミクス』の急所を突いた。・・・安倍晋三首相には過去に賃金が上がらなかった事実を認めさせ、『経営者に賃上げを要請する』との言葉を引き出した。」

甘利明経済再生担当相は、「さきほど、共産党の笠井先生から資本主義市場経済のレクチャーがあったが、あのなかで私が共感できるのは、負の連鎖を断ち切らなければならないということだ・・・消費の停滞が生産の停滞を呼び、それが所得の停滞を呼ぶ。その連鎖でどんどんマイナスのスパイラルになっていく」と述べています。

笠井議員の55分間の質問は、このブログのリンクにある、日本共産党中央委員会のホームページの動画でご覧いただけます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR