領土・原発問題を語りあう「つどい」に参加しました

 旭川市の日本共産党北星支部がひらいた、「領土・原発問題を語りあうつどい」に参加しました。原発問題を元北電社員の水島能裕さんが、領土問題を私が担当しました。
 参加した人たちからは、「なぜ電力は不足していないのに、『不足』という宣伝がされるの?」「尖閣諸島問題は、日本共産党にマイナスの影響があるのでは?」などの質問がだされました。
 私たちは、「とにかく原発を運転したいという意図からです」「尖閣問題では、日本共産党の比類ない立場と取りくみを多くの人にわかってもらうことが大事だと思います。日中の経済関係は、天安門事件の頃とは比べ物にならないくらい深まっており、政治的、経済的な立場にかかわらず、日中の友好を大切に思っている人が増えており、日本共産党の立場を理解してもらう条件は広がっていると思います」とお答えしました。
 参加した人の中には、「姪から、『おばさんすごいよ、ニコニコ動画で5時間も共産党特集やるよ』と教えられてびっくりした」という人もいて、ニコニコ動画の反響の大きさをあらためて認識しました。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR