FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京芸術座の『蟹工船』を観ました。45年前には、エキストラで出演した作品です。

東京芸術座の『蟹工船』を観ました。

45年前には、エキストラで出演した作品です。

あの時は、ボランティアのエキストラで、蟹工船の工員の役でした。

舞台で、ソーラン節を歌いながらボディアクションをしました。

今回、客席で観て、あのシーンが劇のクライマックスだと、初めてわかりました。

エキストラの時は、そんなこと全く分からず、歌もアクションも、ほぼぶっつけ本番で、初めての身にはとても難しくて、ただ夢中でした。

劇では、ストライキに立ち上がった工員の指導者たちが、味方だと信じていた海軍の陸戦隊に逮捕されて、駆逐艦に連行されます。

連行される指導者たちと残された労働者たちが、艦船と蟹工船に分断され、ソーラン節を歌い交わします。

分断されても、連帯する。

連帯がある限り、闘いはつづきます。

どっと涙があふれました。

201710_01[1]





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。