JR北海道路線維持、日欧EPA「大枠合意」撤回、道内でのオスプレイ訓練撤回などをもとめて、政府各省庁と交渉しました

27日と28日は、畠山和也衆院議員、紙智子参院議員、岩渕友参院議員、道内の衆院候補、真下紀子道議、のとや繁旭川市議らとともに、東京で政府各省庁と交渉しました。

交渉したのは国交、文科、外務、内閣府・内閣官房、環境、財務、農水、経産・原子力規制、厚労、防衛の12省庁です。

JR北海道路線維持、日欧EPA「大枠合意」撤回、道内でのオスプレイ訓練撤回などをもとめました。

以下は、28日付の『しんぶん赤旗』の記事の一節です。
「廃線について、おぎう和敏衆院北海道6区候補は、自治体首長から困惑と怒りの声があがり、『国が手を差し伸べるべきだ』などの要求があると紹介。国交省側が『国も一緒になって考えていく』と答え・・・・ました」

私は、国交省に対して、「『一緒になって考えていく』のなら、国はJR北海道の全株所有の株主として、JR北の『国に新たな援助は求めない』という態度を、責任をもって正すべきだ」と指摘しました。

手交 編集版
               国交省に要請文を手渡す。右:真下紀子道議 左:のとや繁旭川市議

7.27政府交渉2-2
                          前列右から4人目が私

農水副大臣1 編集版
                           農水副大臣室で






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR