公明党政調会長の珍無類の議論 NHKで、『花が咲いているときは、共謀罪は運用しない』?!?!

昨日のNHK『日曜討論』で、公明党の政調会長が珍無類の議論を展開しました。

共謀罪法案の議論の時でした。

「法案では、花見をしている人も、犯罪の下見をしている疑いということで、捜査の対象になる」という批判に対して、彼は言いました。

「花見と下見の話ね。花が無きゃ、花見はできないんですよ。そこんとこをごっちゃにして、国民を惑わすことを言うべきでない!」

彼の理屈では、花見の時期は、共謀罪の運用はしないんだそうです!

自然の豊かな日本では、ほぼ一年中、何かしらの花が咲き乱れ、それを愛でる花見客はひきもきりません。

春だけでも、梅、桜、つつじ、藤・・・

四季を通したら、数えきれません。

その花見中は、下見の捜査はしないんだそうです!

「国民を惑わす」と、人を決めつけながら、惑っているのは、公明党政調会長自身の、おつむの中です。

こういう人が、与党の政調会長とは!

あな恐ろしや




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR