北朝鮮が「在日米軍攻撃を想定」!許しがたい脅迫! だが、安倍首相も、同じように危険なことを、既に言っている

北朝鮮が弾道ミサイルで、「在日米軍攻撃を想定」していると、報じられています。

許しがたい脅迫です。

だが、安倍首相も、同じように危険なことを、既に言っています。

安倍首相は、2月14日の衆議院予算委員会で、次のように言っています。

「北朝鮮の攻撃を抑止し、反撃し、あるいは場合によっては殲滅する能力を擁しているということを米国が明確にした・・・米側に策源地を攻撃してもらわなければいけない・・・指示しているところを攻撃するのかどうかも十分検討してもらわなければいけない」

日本の首相たる者、このような、火遊びのような言辞を弄してはなりません。

本当に、火事になりかねません。

日本共産党の志位和夫委員長は、北朝鮮問題について、次のように述べています。

「米国が、北朝鮮に対して、経済制裁の厳格な実施・強化をはかりながら、従来の、北朝鮮が核放棄を宣言しない限り交渉はしないという、『戦略的忍耐』の方針を転換して、北朝鮮との外交交渉のなかで非核化を迫るという方針をとるべきだ。こういう方向に向かうように、日本政府は働きかけるべきである」

ここにこそ、北朝鮮の核兵器問題解決への方途があると思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR