映画館で、中島みゆきの『橋の下のアルカディア』を観ました

映画館で、中島みゆきの『夜会 橋の下のアルカディア』を観ました。

人と猫との、悲しい悲しい悲しい物語と思いながら観ていましたが・・・

中島みゆきは、18作をかぞえる『夜会』のことを、みずから「風変わりなコンサート」と言っていますが・・・

人と猫との心の通いあいに、「猫族」たちは、心の中で慟哭したと思います。

全2幕ですが、それぞれの幕切れの高揚と熱演が見事でした。

第1幕だけでも、独立の作品としての力があると、思いました。

人間と社会へのメッセージも、込められていました。

本作は、18作を数える『夜会』のなかでも、最高傑作のひとつだと思いました。

yjimage6HM3DSL5.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR