『SEALDs 民主主義ってこれだ!』を読みました

彼ら、彼女らは、戦争法案阻止・戦争法廃止の運動で大きな役割をはたしています。

若きSEALDsの存在は、戦争法を廃止し立憲主義を回復させるうえで、「希望の星々のひとつ」と言っても過言ではないと思います。

同時に本書を読んで、SEALDsが、その名称から連想されがちな、「自由と民主主義」のシングルイシューの運動体ではないことが、わかりました。

彼ら、彼女らは、言います。

「私たちが望むのは、格差の拡大と弱者の切り捨てに支えられたブラックな資本主義ではなく、豊かな国民生活の実現を通じた、健全で公正かつ持続可能な成長に基づく日本社会です。私たちは、多くの国民の生活を破壊しかねない現政権の経済政策に反対します。そして、公正な分配と健全な成長戦略を尊重する政治を支持します」(24ページ)

頼もしいことです。

そして本書には、魅力的な写真が満載されています。

それを見て私は、マルクスの盟友エンゲルスの、1848年革命についての文章を、思い出しました。

「国民軍は応戦し、旗手が倒れる。すると、一人の女工、趣味のよい服装をした、丈の高い美しい少女が、あらわな腕で旗をつかんで、バリケードを越えて国民軍にむかって歩いてゆく。」(『マルクス・エンゲルス全集』第5巻)

その少女は、国民軍の銃弾に倒れました。

しかし、本書の写真の少女たちは、倒されることなく、勝利を手にするでしょう。

yjimage5ZY40ZV1.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR