安部内閣の「女性活躍」 「政治とカネ」につづき、今度は全員が舌禍

「女性活躍」を謳う安倍内閣。

第二次安倍内閣では、小渕裕子氏と松島みどり氏が、「政治とカネ」で連続辞任しました。

第三次安倍内閣では、3人全員が「舌禍」を巻き起こしています。

「言論抑圧」を公言しながら、居直る高市総務相

最初は否定しながら、結局「1ミリSv発言」を撤回・謝罪した丸川環境相

画像では明らかに読み詰まっているのに、国会では「原稿の内容を確認」と強弁する島尻沖縄北方担当相

不適切発言を指摘されながら、居直り、否定し、強弁する。

政治家としての品格が疑われます。

小選挙区制と政党助成金制度によってもたらされた、自民党国会議員の劣化の象徴的な事例です。

6T2A5507[1]
『口利き』で辞任の甘利経産相、全員が『舌禍』の3女性閣僚など、「劣化」が際立つ第3次安倍内閣



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR