「国民連合政府」の提案を届けながら、連合労組と平和フォーラムを訪ね懇談しました

「国民連合政府」の提案を届けながら、連合旭川地区連合会と平和運動フォーラム旭川地区連絡会を訪ねて懇談しました。

お互いに、この夏は、戦争法案廃案にむけてがんばり、時として同じ集会やデモにも参加したので、相手方からは「今後も可能なことでは連携しましょう」「共産党も変わったのだから、他の党や団体も変わらなければ」などと話され、心の通い合う懇談になりました。

安倍政権の暴走は、立憲主義、民主主義、平和主義を破壊してこの国に非常事態をもたらしました。

これに対していま、「野党は協力を」の声が、たしかな一つの流れから、国民的な流れに発展しつつあります。

国民連合政府が実現する可能性が、広がりはじめています。

この連合政府のもとで、日本国憲法の精神にそくした新しい政治の一歩が踏み出されるならば、それは、主権者である国民が、文字通り国民自身の力で、国政を動かすという一大壮挙となり、日本の政治の新しい局面を開くことになることは疑いありません。(「提案」より)




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR