『道新』討論会(11月28日)の発言 ②政権交代への評価

 「民主党が第二自民党になった」。これが、私の政権交代への評価です。

 「自民党政治を変えてほしい」という「政権交代」に託した国民の願いは、ことごとく裏切られました。野田・民主党政権のもとで、原発へのしがみつき、消費税の大増税、普天間基地の「辺野古移設」とオスプレイの持ち込み、TPP参加への暴走など、どの問題でも、「ノー」の審判をくだしたはずの自民党政治がよりひどい形で復活しています。
「後期高齢者医療制度廃止」という公約も、裏切られました。

 震災対応でも、震災復興基本法と第三次補正予算で、自民党や公明党と一緒に、19兆円の復興予算から2兆円も流用する仕組みを作ってしまいました。日本共産党は、当時から「流用する道が作られていること」を指摘し、このため、復興基本法にも第三次補正予算にも反対しました。

 野田首相は、今回の選挙にあたり、「時計の針を逆に回してはならない」と訴えていますが、自ら時計の針を逆に回したことを、自覚するべきです。

 なぜこうなったのか。「アメリカ言いなり」「財界中心」という古い政治の「二つの害悪」に縛られ、抜け出せなかった結果です。

 財界とアメリカ政府の高官に一喝されて、「脱原発」から「原発への固執」に一瞬にして変わってしまった民主党。財界3団体の代表たちから一喝されて、内閣不信任案に棄権して消費税増税法案の成立に走った自民党の姿を見るにつけ、「二つの害悪」の克服の必要性を痛感しています。

 私は、日本の政治家には、財界とアメリカ、この二つに対峙する覚悟と気骨が求められていると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR