最近の街頭演説の要旨です

 日本共産党の衆議員6区予定候補おぎう和敏です。
 いよいよ衆議員選挙です。

 今度の選挙の争点は、原発、震災復興、消費税と景気・雇用・経済対策、TPP、領土問題、どれ一つとっても、日本の命運がかかった大きな問題です。

 私は、この間60年間続いてきた「財界・大企業とアメリカ言いなり」の古い政治の枠にとらわれているために、これらの大事な問題にまともに取り組めなかったり、間違えた取り組みしかできない今の政治を、皆さんと力を合わせて変えるために全力を尽くします。

 この夏、大飯原発を再稼動しなくても、電力不足は起こっていなかったということが明らかになりました。福島第一原発は、今も溶けた核燃料が、熱と放射能を出しつづけています。福島では今も16万人の方々が避難生活をつづけており、いつ戻れるかわからない状態です。私たちは原発とは共存できません。直ちに原発ゼロの決断をしなければなりません。

 消費税を増税したら、私たちの暮らしも、日本の経済も、国や自治体の財政もどん底に落ちこみます。私たちの今のくらし、消費税の増税に耐えられるでしょうか。
 私がお会いした経営者は、「消費税が増税になったら、会社をたたむ」とおっしゃっていました。
 年配の女性は、「消費税が上がったら孫に小遣いをやれなくなる。消費税お願いしますよ」と私の手を握って言いました。わずかな年金を切り詰めて、小遣いを手にした孫の喜ぶ顔を見るのを生きがいにしている。この生きがいを奪う消費税増税を許してはなりません。
 税金の無駄遣いをあらため、大企業や大資産家ほど税金の負担が軽くなるという歪んだ税金のしくみを正せば、消費税に頼らずに毎年15兆円の財源がつくれて、社会保障や教育、経済対策などのために使うことができます。
 日本共産党は選挙後の国会に、「消費税増税中止法案」を提出し、成立をめざします。

 TPPに加入したら、食料自給率は今の3分の1に下がってしまいます。上川管内だけでも13,000人が失業してしまいます。
 日本の農林水産業は、悪い政治のために困難に直面していますが、約5000万人分の食料を生産しています。同時に、環境の保全や水害を防ぐなど様々な役割を果たしており、日本学術会議によれば、お金に換算すると90兆円にもなります。このかけがえのない農林水産業を、TPPで壊してはなりません。
 またTPPは、だれでも保険証1枚で病院にかかれる健康保険制度を脅かします。
 この上川に、全国に甚大な被害をもたらすTPPへの加入を許すわけにはいきません。

 領土問題を解決するためには、歴史的事実と国際的道理に立ち、相手国の国民も納得するような中身での外交交渉と、国際社会への働きかけが必要です。
 尖閣諸島、竹島、南北千島は日本固有の領土です。
 かつての日本のアジアへの侵略戦争に、命がけで反対した日本共産党こそ、どの国に向かっても領土問題の歴史的事実と国際的道理を主張することができます。

 いま私たちが直面している問題は、財界・大企業優先、アメリカ言いなりになる、この間60年間も続いた古い政治によってもたらされました。この古い政治の担い手は、自民党とまったく同じになってしまった民主党、最も右翼的な勢力が指導権を握った自民党です。いわゆる第3極も、古い政治ということでは同じです。たとえば「維新の会」。「既得権益を打破する。脱原発」と言いながら登場したのに、「既得権益」そのものである関電や前東京都知事と、たちどころに手を握り、「原発しがみつき」など古い政治の急先鋒になっています。

 日本共産党は原発ゼロ、震災復興、消費税に頼らない経済財政政策、TPP、領土問題など、日本が直面している大問題に具体的な解決策を提案し、願いを共にする皆さんとご一緒に行動しています。

 今度の衆議員選挙では、全国300の小選挙区のほぼ全選挙区に候補を擁立して、財界・大企業とアメリカ言いなりで国民いじめの、古い政治に対抗します。
 日本共産党は全国に2万の支部があり、草の根の日常活動を積み重ねています。企業・団体献金も政党助成金も受けとらず、皆さんの浄財を寄せ集めて活動資金にしています。
 日本共産党は掲げた公約は必ず守る政党です。今私たちを苦しめている消費税も、大平内閣の時に日本共産党が衆議院選挙で躍進したために、10年後の竹下内閣まで実行が遅れました。

 どうか、原発ゼロ、消費税増税反対の願いを私おぎう和敏と日本共産党に託してください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR