にゃん生20年=人生140年時代?

最近は、高齢のねこが増えて、あちこちで「20歳」という声をききます。

ねこの世界でも医療が発達し、高齢ねこ向けの☓☓☓☓☓ダイエットなど、食生活も改善しているおかげでしょうか。

長年月、人々とにゃん生を共にする長寿ねこが増えるのは、嬉しいことです。

ねこは、人間に換算すると、1年に7歳年をとるといいますから、ねこの世界では、「人生140年」時代に、なりつつあるということでしょうか?

「少子・高齢化」と、少子化と高齢化をいっしょくたにして、問題視するむきもあります。

少子化は困ったことですが、高齢化はおめでたいことです。

私は、かねてから、「『人生100年』があるべき姿」と言っています。

ねこ並みなら、「人生140年」でしょうか。

もちろん、これを実現するためには、貧困と格差を解消し、大量生産・大量消費・大量廃棄を改めなければなりません。

「世界中の人が日本並みの大量消費社会で暮らせば地球2・3個分、アメリカ並みなら5個分の資源が必要」という現状を、改めなければなりません。

わが家の4匹のねこたちも、とらは13歳、ねず、みけ、ぎんは12歳をむかえました。人間なら、91歳と84歳です。

最年長のとらの口の周りは、すっかり白くなりました。

しかし、かくしゃくたるもので、この春も何度もネズミをつかまえてきては、お母さんを「キャー」と驚かしました。

IMG_0112.jpg


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR