劇団NLTの『OH! マイママ』を観ました

劇団NLTの公演『OH! マイママ』を観ました。

翻訳物のフランス喜劇です。

登場人物は、フランスの国会議員父子、アメリカ軍大佐、スェーデンからの留学生など、国際色豊かです。

劇の舞台は1983年のパリ、初演は1993年です。

くわしいストーリーは「秘密」ですが、楽しく笑いながら見ているうちに、性同一性障害のことを考えさせられました。

performance_img_2s[1]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR