空前の批判・抗議が広がる秘密保護法と官房機密費

現代の治安維持法ともいうべき特定秘密保護法案に対して、法曹界、学者・研究者、労働組合、TVキャスター、出版人など広範な人びとが、「廃案にせよ」と声をあげています。

ひとつの法案に対して、これだけ抗議・批判の声が広がるの、はかつてないことではないでしょうか。

今夕は、日比谷野外音楽堂で大集会もひらかれます。

稀代の悪法を阻止できるかどうか、激しいぶつかり合いになっています。

国民の声に耳を傾けるなら、廃案しか方途がないはずなのに、自民、公明、みんな、維新、民主などの各党は、法案修正に狂奔しています。

  
この「修正」に対して、各界から「法案の根幹は変わらない」という、間髪を入れぬ批判が寄せられています。恥ずかしくないのでしょうか?

法案修正をめぐって、官房機密費(内閣官房報償費)がまたぞろ動いているのでしょうか?

官房機密費については、今、秘密保護法反対の理性の声をあげている野中広務さんを含め、かつて政権中枢にいた人々が証言しています。

「1ヵ月に5000万円から7000万円くらい使っていた」「首相に1000万円、野党対策のため国対委員長や参院幹事長にそれぞれ500万円程度」「政府・与党幹部や北朝鮮を訪問する野党議員、評論家にも配った」(野中広務小渕内閣官房長官 2010年5月1日)

「与野党の議員は、海外出張の際に挨拶に来る。当選回数に応じて100~200万円の餞別を渡した。共産党だけは来なかった」(野坂浩賢第一次村山内閣元官房長官)

「98年の沖縄県知事選で機密費を3億円使った」(鈴木宗男小渕内閣官房副長官 2010年7月21日)

官房機密費は年間14億円あまり。一部が内閣情報調査室に行き、12億円以上が内閣官房長官のサインのみで支出できます。

     
安倍内閣でも昨年12月の発足から今年6月12日までに、6億3021万円支出されています。

ちなみに、民主党野田政権~自民党安倍政権と引き継がれた、2012年度の総額12億3千万円のうち、未使用額はったったの174,383円だったそうです。

      
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR