志位委員長と安倍首相 あまりにも対照的な外交活動

インドネシアを訪問中の志位和夫共産党委員長は、一昨日ジャカルタで、同国のヌラ・スワジャワASEAN大使と会談しました。

「軍事に頼らない平和的安全保障」をめざす活動の一環です。

会談の模様は、今日28日付の『しんぶん赤旗』に掲載されています。→http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-09-28/2013092801_02_1.html

一方安倍晋三首相は、ニューヨークで、「私を右翼の軍国主義者と呼びたいなら、どうぞ呼んでください」と言い放ちました。

手の施しようのない、子供じみた、危険な舞い上がりぶりです。

昨日付『道新』の「卓上四季」はこれに対して、「危なくてしかたがない・・・首相の言う『日本を取り戻す』とは、『積極的平和主義』との掛け声の下に、地球のあちこちで血を流すことか」と批判しました。

両氏は同年齢ですが、思考と行動は、あまりにも対照的です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR