我が家の「冬の使者」は?

 皆さんは、「冬の使者」というと、渡り鳥や雪虫などが思い浮かぶと思います。

 我が家の「冬の使者」は、長男猫の寅(11歳)です。寅が夜帰ってくるようになると、毎年「ああもう冬だ」と思います。

 寅は、5月から今頃までは、外泊をつづけます。帰宅するのは食事のときだけ。食後は、休憩も取らずにプイと出て行ってしまいます。4匹の中で彼だけ外泊を重ねるのは、唯一野良の経験があるからでしょう。

 今年も、「大雪山で本格的に雪が降った」と報じられた昨夜、寅がふらりと帰ってきました。長い冬のはじまりです。

 大震災・原発事故の被災地では、仮設住宅に入居している人びとの多数が体調の不良を訴えています。ホームレスの人たちにも、とりわけ厳しい季節です。私たちも、アンテナを高くして、冬の厳しさに直面している人びとに心をよせ、力になりたいと思います。我が家の近くには見あたりませんが、野良君たちも、暖かい家が得られることを祈っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR