『戦争法廃止の国民連合政府』 無党派の人からも、『新党大地』の人からも歓迎

昨夜は、共産党の志位和夫委員長が、『戦争法廃止の国民連合政府』を提唱してから初めての、『原発ゼロ金曜行動』でした。

私も参加しました。

戦争法案廃案をめざす運動の最中に、「次の選挙で自公を少数にするために、共産党には選挙協力をしてほしい」と私に訴えられた無党派のTさんからは、「提案して下さったんですね!」と、歓迎の言葉をかけられました。

別の人からも、「画期的です!」と称賛されました。

「新党大地」の党員には、私から、「知事選の時の態度を改めて、参加したらどうですか」と話しかけました。

彼は、「私もそう思う。知事選の時の鈴木代表の言行には、党員仲間にも批判があった。ぜひ一緒にやりたいと」と答えてくれました。

意を強くしました。


スポンサーサイト

自民党が共産党に国会発言で謝罪・発言撤回 前防衛大臣もTVで同趣旨の発言!

自民党が、同党議員の参院本会議での、共産党を中傷する発言を謝罪し撤回しました。

以下今日(9月26日)付の『しんぶん赤旗』からの引用です。

自民党の江島潔議員が参院本会議(18日)の討論で、日本共産党が明らかにした防衛省・統合幕僚監部の内部文書について、「手に入れ方にも違法行為がなかったか調査していただきたい」などと中傷し国会議員の活動を封殺する発言をした問題で、自民党の末松信介参院幹事長代理、牧野たかお参院副幹事長は25日、共産党控室を訪れ謝罪しました。
・・・・
末松氏は、江島氏の問題の発言を撤回し、議事録から削除することを約束しました。ところが、

小野寺五典前防衛大臣・自民党政調会長も、18日夜のBSフジ『プライム・ニュース』で、「文書の内容は問題ない」と居直り、「それよりもなぜ共産党だけが文書を入手できたのか」と、「謝罪・撤回」に追いこまれたのと同趣旨の発言をしました。

これは、特定秘密保護法を手にした自民党の体質なのでしょうか?

『空虚な独裁者』安倍首相は、致命傷を負った

戦争法案の採決が、強行されました。

法案提出後の4か月間の経過で、安倍首相とその政権が、とてつもなく空虚な存在であることを、痛感しました。

どうも、自分たちの論拠がどんなに破綻しようが、国民の運動と反対世論がどれだけ高揚しようが、その意味するところを認識できないようです。

『空虚な独裁者』です。

世界でには時代遅れになっている原発に固執したり

格差の解消と質の高い雇用をつくりだすことが焦点になっているダボス会議に出かけて真逆のアベノミクスを吹聴したり

「辺野古新基地ノー」の「オール沖縄」に惨敗したのに埋め立てを強行したり

他の問題でも「空虚さ」が際立っています。

しかし、「空虚な独裁者」安倍首相は、戦争法案の強行によって広範な国民を敵に回し、致命傷を負いました。

20150830k0000e040121000p_size8[1]









アベ政治を許さない 連合加盟労組に、「戦争法案反対」表明が広がっています

連合加盟労組に、「戦争法案反対」の表明が広がっています。

UAゼンセン、自動車総連、電機連合、JAM、基幹労連、JP労組、情報労連、運輸労連、私鉄総連、海員組合、全自交労連などです。

上記の各組合は、従来、憲法など政治的課題では、大きく意見が分かれていました。

「憲法9条改定」を主張している組合もあります。

組合員150万人を超える巨大労組もあります。

それが、「戦争法案反対」で一致しているのは、心強いことです。

アベ政治は、確実に追いつめられています。

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR