純情の同志を生みしこの街よ今野大力はいま世にあらず   小熊秀雄

金倉義慧著『北の詩人 小熊秀雄と今野大力』を読みました。

小熊秀雄(1901~1940)も今野大力(1904~1935)も旭川出身の詩人で、治安維持法時代にプロレタリア作家同盟に加わり、旭川と東京で働き、活動した先駆者です。

小熊と今野の詩碑は、市中心部の常磐公園に並び立っています。

しかし、これまでの定説では、両者はある時期から対立しあい、それぞれの人生を終えたと、されていました。

本書は、この定説をくつがえし、小熊と今野は終生敬愛しあっていたということを、究明した労作です。

本書の巻末ちかくに、小熊秀雄が、1938年に『北海タイムス』(現『道新』)に発表した、短歌が紹介されています。

純情の同志を生みしこの街よ今野大力はいま世にあらず

金倉氏は、「その傍らにはカッコ書きで、“今野は旭川出身、旧『戦旗』編輯者”と加えていた。“同志”という言葉、旧『戦旗』編輯者、という但し書き。・・・・中国との戦争のただなかの国家総動員法が公布されたこの時期に、よくぞこのまま『北海道新聞』は掲載したと思う」と驚きを記しています。

もっともです。もしもこの記事が特高の目にふれていたら、『道新』の関係者も小熊も、間違いなく逮捕・拷問されていたでしょう。

本書では、小熊秀雄が、小林多喜二の葬儀に駆けつけて逮捕・拘留されるとともに、同時期に強行されたスターリンによる旧ソ連での暴圧をも、厳しく糾弾していたことが、明らかにされています。

嬉しいエピソードも紹介されています。それは、
労農党の山本宣治代議士が、1928年12月5日午後6時から、旭川市3条17丁目の旭座で演説会に臨み、今野も参加し、350人の聴衆が集まったそうです。

旭座は戦後「富士館」と名前を変え、私もよく映画を観に通いました。その後「富士館」は閉館して、タクシー会社の社屋となり、いまは更地になっています。

当時24歳の今野大力は、市内8条7丁目あたりから、歩いて旭座に向かったとのこと。

私の事務所は3条16丁目にあります。旭座は目と鼻の先です。

事務所前の歩道を、たくさんの聴衆とともに、喜び勇んで会場に向かう今野の姿が、目に浮かびます。

550[1]
スポンサーサイト

マッサン ウイスキー党の私には嬉しい毎朝です

朝のテレビ小説『マッサン』

中島みゆきの主題歌『麦の唄』とともに、ウイスキー党の私にとっては、嬉しい毎朝です。

今朝は、竹鶴正孝(マッサン)と、サントリーの創業者鳥井信治郎(役名は鴨居欣次郎)の、やりとりがありました。

ボルドーと思われる「生一本」のワインと、鴨居が甘味料を加えたワインの飲み比べを勧められるマッサン。

ボルドーを「旨い」と言い、「わしは本物のウイスキーを創りたい!」と言うマッサン。

そのマッサンに対して鴨居は、「本物とは何や? 日本人が旨いと言って飲むものが、本物やろうが」と反論します。

私には、ニッカとサントリーそれぞれの、「企業文化」をめぐる「論争」に見えてしまいました。

楽しい対峙でした。

yjimage[3]

yjimageCJW56XER.jpg




冤罪のため、死刑囚として囚われている、奥西勝さんの映画を観ました

『約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯』です。

仲代達也が奥西勝冤罪死刑囚、樹木希林が奥西さんのお母さんを演じ、寺島しのぶがナレーションをするセミドクメンタリーです。

冤罪による死刑確定から40年以上、来る日も来る日も処刑の恐怖におびえ、子や母とひき裂かれる奥西勝さん。

俳優たちの演技と、東海テレビが保存する実写フィルムで描かれる、奥西さんの恐怖と絶望と苦しみ、そして、お母さんの愛と国民救援会の運動、弁護団の奮戦によって、時にはもたらされる希望と安らぎに涙しました。

しかし、最高裁を頂点とする日本の司法の腐敗によって、今86歳の奥西さんは肺炎をわずらい、「医療」刑務所のベッドで、手錠をかけられたまま、囚われつづけています。

映写会場は、悲しみと怒り、そして「奥西さんを救い出したい」という、強い思いに包まれました。

日本の司法は、今も、原発にかかわる福井地裁や福島地裁の判決など、みずみずしく息づいている部分もあります。

また、映画でも描かれているように、「職を捨てて」自らの良心に恥じない決定をくだす裁判官もいます。

しかし、アメリカ大使と密会して砂川裁判の判決内容を事前に密告した田中耕太郎氏や、壊憲団体である『日本会議』の会長を務める三好達氏など、恥ずべき行為をなす人物が、時の自民党内閣によって最高裁長官に指名され、日本の司法を腐敗させてきたのは、動かしがたい事実です。

みずみずしく息づいている裁判官たちを、励まし支えるのは、私たちの運動と世論の役割だと思います。

200[1]

プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR