ニャロメそっくりさんの座りこみ→眠りこみ

わが家の長男猫のとらは、赤塚不二夫のキャラクター「ニャロメ」にそっくりです。

今朝、私が本を読んでいると、早朝の散歩を終えたとらが、「おいらをなでなでしろ。ニャロメ」と、本の上にごろんと寝転びました。

要求貫徹までの、「座りこみ」です。

毎度のことです。

やむを得ず、とらの体の下から本を抜き取り、膝の上において読みながら、空いている方の手でなでなでしてやると、すやすやと眠りこんでしまいました。

これも、毎度のことです。

IMG_1053.jpg


スポンサーサイト

心配な安倍晋三さんのおなか。原因がわかったような気が・・・

1月20日のブログに、「安倍晋三さんのおなかが心配です」と書きましたが、その原因がわかったような気がします。

それは、彼の「蚤の心臓」ではないでしょうか?

昨日の『道新』に、花城潤記者の「番記者が見た首相」という記事が載っていました。

「首相番記者を8カ月間務めて印象的だったのは、わが道をゆく強さよりも、異論に向き合うことなく特定の世論を心の支えにする、自信のなさだ」と書かれています。

その通りだと思いました。

 
やはり昨日、参議院予算委員会で、日本共産党の小池晃議員が、安倍内閣が憲法解釈の変更で狙う、集団的自衛権の行使容認について、追及しました。

緻密な論理、具体的な事実にもとづき、「日本を海外で、人を殺し殺される国にするのか!」と厳しく追及する小池氏に対して、過日、民主党の議員に対して「憲法解釈の最高責任者は私だ」と言い放った、安倍首相の傲然とした姿は、なりをひそめました。

そしてついには、普段予算委員会では質問相手を「〇〇委員」と呼んでいるのに、次の経済問題での質疑では、思わず「小池晃先生」と口走る始末。

手ごわい論客の前に出ると、安倍さんの「蚤の心臓」が、見えてしまいます。
プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR