安部龍太郎氏の『等伯』を読みました

安部龍太郎氏の『等伯』上下を読みました。

日本画の狩野派に対峙する長谷川派の創始者長谷川等伯(1539年生 1610年没)が主人公の小説です。

『日経』に2011年1月から翌年5月まで連載された長編です。

連載中に東日本大震災が起こりました。

安倍氏は本書の「あとがき」で、「この現実を前に小説家に何ができるのか。そんな疑問に直面し、無力感に押しつぶされそうになった。それでも何とか書きつづけることができたのは、数々の苦難を乗り越えて松林図の境地にたどりついた等伯の強さに触発されたからである」と述べておられます。

私も、等伯の苦難と強さ、そして自らを支え、時にはそのために犠牲になった人びとへの深い愛情に、強い共感をおぼえました。

興味深い発見もありました。作中、次のような問答がかわされます。

「力をも入れずして天地を動かす力が、和歌に、いえ、言葉にあるのでしょうか」
「ある。心と天地はもともとひとつのものじゃ。心が正しく動けば天地も動く」
「そのような悟りに、どうしたら達することができるのでしょうか」
「御仏の教えに身をゆだねよ。法華経を杖とも柱とも頼むがよい」

1843年に25歳の青年マルクスが書いた、『ヘーゲル法哲学批判』の序説に、次のような叙述があります。

批判の武器はもちろん武器の批判のかわりをすることはできないし、物質的な力は物質的な力によってたおさなければならない。しかし理論もそれが人民をつかむやいなや物質的な力となる。理論が人民をつかみうるようになるのは、それが人に訴えるように論証をおこなうときであり、理論が人に訴えるように論証するようになるのは、それがものごとを根本からつかむときである。

このふたつは、同じ境地だと思います。

400px-Hasegawa_Tohaku,_Pine_Trees[1]
                             国宝松林屏風図(部分)


スポンサーサイト

文学座の『殿様と私』を観ました

昨夜、旭川市民劇場の例会で、文学座の『殿様と私』を観ました。

マキノノゾミ作で、初演は2007年です。

舞台は1887(明治19)年の東京。日本が、米英などとの不平等条約を改定しようとして、苦闘していた頃です。

元大名の「殿様」、アメリカ人鉄道技師の妻である「私」、「殿様」の息子と娘、「殿様」の家来夫婦、「私」の人力車夫兼通訳、イギリス海軍士官の8人が登場人物です。

出自も今の立場も全く違う登場人物たちが、鹿鳴館の舞踏会をめぐってドタバタする、実に楽しい芝居でした。

登場人物たちは、はじめは対立し、いがみ合いますが、やがて理解しあい、1組の新しいカップルが誕生して大団円となります。

現実の歴史は、日本は米英などとの不平等条約に苦しみながら、1874年の台湾出兵で残酷な殺戮をおこない、翌年には江華島事件を引きおこしてソウルから「戦利品」として30門の砲台を強奪して持ち帰り、76年には朝鮮に「日朝修好条規」という不平等条約を押しつけました。

民衆レベルでは、劇中のような交流と相互理解がその後もつづきますが、やがて、日本政府の指導部は、「大東亜共栄圏」「鬼畜米英」などと言いつのるようになり、アジアの人びと2000万人、日本人310万人の命を奪った破滅的な侵略戦争に突き進みます。

鹿鳴館も、不平等条約の改定で歴史的使命を終え、「75年戦争」がアジア太平洋戦争にまで拡大する前年の1940年に、解体されたそうです。

劇中殿様は、「形あるものは必ずこわれる」という名言を発します。

私は、「形あるものは必ずこわれる。そして、新しいものが生まれる」をモットーにしています。

201310top[1]
                      「殿様」(たかお鷹)と「私」(富沢亜古)



国会でも旭川でも、ブラック企業規制・働く人々の権利へのたたかいが

昨日からはじまった臨時国会でも、ここ旭川でも、ブラック企業規制法案の提出や、下請け労働者の低賃金是正など、働く人々の権利へのたたかいが、始まっています。

国会では、7月の参院選での躍進で、議案提案権を獲得した日本共産党が、「公約実践の第1号」として、「ブラック企業規制法案」を提案しました。今日の「しんぶん赤旗」が、1面トップで報道しています。→http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-16/2013101601_01_1.html

『朝日』の朝刊も、「共産 9年ぶり法案単独提出 参院選の躍進で可能に」との見出しをたて、「志位和夫委員長は15日の議員団総会で『安部政権の暴走と対決すると同時に、国民の立場から建設的な対案を示す。この法案はその第一歩だ』と話した。」と報じました。

旭川では、全労連加盟の全日本建設交運一般労働組合(建交労)旭川支部の活動が、今朝の『道新』の旭川・上川版のトップに、4段見出しで報道されました。

記事は、建交労旭川支部の調査の結果、「旭川市発注の公共工事で、日雇いで働く下請け企業の技能労働者は、6割以上が国の定めた7割以下の賃金だった」として、「仲間で労務単価満額をもらっている人を『見たことがない』という。そして腕組みをして、つぶやいた。『そのお金は、どこに行ったのだろうか。不公平で、納得がいかない』」という、40代の左官工の声を紹介しています。

同労組は、これを是正させるたたかいに、立ちあがろうとしています。連帯・応援したいと思います。

2013101601_01_1[1]
              参議院事務総長に法案を提出する日本共産党参議院議員団

「男はつらいよ」全48作品のテレビ放映が始まりました

一昨日から、渥美清・山田洋次監督の「男はつらいよ」全48作品(1968年~1995年)のテレビ放映が始まりました。

毎週土曜日に1作ずつということなので、約1年間続くことになります。

おかしくて、悲しくて、色んなことを教えてくれた寅さんに、また会えることになりました。

寅さんは、私の人生の師のひとりです。

一昨日放映の第一作は、さまざまな組み合わせの肉親愛や師弟(?)愛が描かれ、笑い転げながらジーンとさせられました。

第一作がつくられた頃は、日本経済の高度成長期でしたが、そのもとでの格差や、農村では生活できない人が増えていることが、笑いと涙のなかに描きこまれていました。

また、下町の酒場やオートレースなど、人びとの営みとエネルギーに心をよせた描写にも、ひかれました。

以前、帝釈天参道の食堂で食事をしたとき、店の人が、「テレビで寅さんがあると、お客さんが増えるんです。来週あるから楽しみ」と言っていました。

これから、帝釈天は一層にぎわい続けるのでしょう。楽しみです。

image[4]



堺市長選  市民の良識と共同が勝利しました

29日に投開票された堺市長選挙で、現職の竹山修身氏が、「維新の会」の候補に圧勝しました。

堺の「自由と自治」の伝統が守り抜かれたことを、嬉しく思います。

今朝の『道新』は、4面トップに4段見出しで、「堺市長選で維新惨敗 改憲派にブレーキ?」と報じました。

同記事は、日本共産党市田忠義書記局長の、「憲法改悪に最も右翼的な政党が『ここで負けたら終わり』という戦いで負けた。国政でも激震が走る出来事だ」という記者会見での発言を報じています。

橋下徹氏は、大阪市職員に対する思想調査を強行し、批判されても謝罪していません。民主主義の政治のもとでは、存在を許されない政治家です。

また、「従軍『慰安婦』は必要だった」という発言を撤回・謝罪せず、このため、現職市長でありながら、友好都市のサンフランシスコ市から訪問を拒否されている人物です。

橋下氏の頭上には、堺市民につづいて、来年秋の住民投票では、大阪市民の審判も下されるでしょう。


プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR