TVタックル 憲法9条を守り活かす必要を、あらためて痛感しました

昨夜の「TVタックル 憲法改正は是か?非か」

憲法9条を改定しようとする人びとの議論の粗雑さに驚くとともに、9条を守り活かす必要を、あらためて痛感しました。

1、自民党の佐藤正久議員は、自らの派兵体験を語っていましたが、そもそも、アフガニスタンやイラクへの侵略戦争に、自衛隊が「参戦」したことの検証を全くしていないようです。
 アフガニスタン:「テロリストが潜んでいる」という理由で、その国を攻撃し、無辜の民を殺傷する権利は、
何者にもありません。テロリズムの温床を、拡大する以外の何物でもありません。テロリストの摘発と処罰は、軍事ではなく、警察的な手法でおこなうことが必要です。
 イラク:「フセインはアルカイダと結びついている」「耳かき一杯で何万人も殺せる炭疽菌をもっている」→どちらも事実でないことが明らかになっています。
 このふたつの侵略戦争に日本が加担したことが、日本国内でも「テロ」の心配をしなければならないことの要因ではないでしょうか。

2、領土問題を武力で解決できると思っているのでしょうか?
 尖閣、竹島、千島などの領土問題は、武力では解決できません。相手国の国民も納得させることができるような、外交活動と国際社会への発信によってのみ、解決することができます。

3、現在もしくは近い将来、日本に武力攻撃をしようとする国は存在するのでしょうか?
 東アジアには国際紛争や領土問題があります。しかし、日本に武力攻撃をしようという国はありません。その理由は、25日のブログで詳述しました。しかし、憲法9条を改定し、領土問題を武力で解決しようとか、アメリカの戦争に武力行使で加担しようとすれば、この保証はなくなります。
 
 
スポンサーサイト

昨日は、久しぶりに1日放浪しました

ぼくはとら。12歳です。

近ごろは、年のせいか、あまり長時間の放浪はしなくなりましたが、昨日は久しぶりに1日放浪しました。

お母さんが心配して、「朝からとらが居ないのよ。いつもは日中何回か帰ってきて削り節をねだるのに、今日は来ないのよ。夕方ガレージのシャッターの音がすると、どこにいても跳んできて出迎えてくれるのに、来ないのよ」とお父さんに言ったそうです。

お父さんとお母さんが、「日中31度以上もあったので、どこかで熱中症で倒れているのかしら」としょんぼりしているところに、例によってフラリと僕は帰宅しました。

あまりの暑さに、日陰で眠っていて、寝過ごしただけなのに、お母さんの目がうるんでいました。

IMG_0112.jpg





21日に当選した参院議員の、憲法9条を敵視する珍論に驚きました

21日に当選した、西田昌司参議院議員(自民党・京都選挙区)が、憲法9条を敵視するために、テレビで珍論を披瀝していました。

「これからは、『米ソ冷戦』がなくなったから、戦争が増える。だから憲法9条を変えなければならない」と言うのです。

これは、事実に反します。『冷戦』後、戦争は顕著に減っています。

『冷戦』下の1950年から59年のあいだ、国際紛争(国家間紛争と植民地独立戦争の合計)は、年平均6.5件発生していました。『冷戦』後の2000年から08年の年平均は、0.78件です。(『人間安全保障報告2009/2010』カナダ・サイモン・フレーザー大学による)

同報告は、その理由として以下の3点を挙げています。
①国連憲章のもとで、安保理事会が認めた場合と自衛以外の武力行使は禁止されたこと。
②植民地主義と冷戦の終結が、国際社会の緊張と紛争の主な要因を取り除いたこと。 
③国際貿易と投資が著しく増加し、侵略で財貨や資源を奪うより、貿易で手に入れるほうが安上がりになったこと。

たしかに、日本は尖閣、竹島、千島と領土問題と領土紛争をかかえています。中国の軍拡や北朝鮮の挑発にも直面しています。

だからこそ、憲法9条を変えて軍事的対応に走るのではなく、たとえば尖閣問題では外交交渉で中国を論破するな
ど、憲法9条をを活かした、平和外交、「平和的安全保障」が必要なのです。

それにしても、国会議員が、事実と正反対の珍論を、公共の電波で発信するのはいただけません。

ちなみに、そのテレビ番組は、22日放映の「たけしのTVタックル」です。


プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR