金曜行動 しばしのお別れです

今日は、都議選後最初の金曜行動でした。

言葉を交わした人の多くが、共産党の躍進を喜んでくださいました。

なかには、「東京に住んでいる娘も共産党にいれたんですよ」という人もいました。

行動の最後に、「来週から選挙が始まるので、しばらく御いとまします」とごあいさつすると、「武運長久を祈ります」(!?)「統一戦線をつくりましょうよ」など、力づよく激励してくださいました。

「志位委員長も、『勝って兜の緒を締めよ』と言っていますね」と、昨夜の全国決起集会での発言をご存知の人もいました。ネットでご覧になったのでしょうか?
スポンサーサイト

ハルゼミとエゾシロチョウ 北海道は一気に夏です

春にしては寒い日がつづいていましたが、この一週間ほど、夏そのものの気候です。

昨日、旭川市街の南西部、上川盆地をとりまく森林に接する忠和地域で、いっせいにエゾハルゼミが鳴いているのを、ことし初めて耳にしました。

今日午前、市の中心部にある事務所の裏窓から、数匹のエゾシロチョウが舞っているのを、初めて目にしました。

朝方の雨があがり、気温が一気に上がった午後には、街路樹にとまっているのか、エゾハルゼミの声が聞こえてきました。

エゾハルゼミとエゾシロチョウ。北海道は一気に夏です。

IMG_0823.jpg
シバザクラで吸蜜する、北海道に夏を告げるエゾシロチョウ 撮影は、2012年6月14日、去年の昨日です

不破哲三『スターリン秘史』第6章を読みました

不破哲三氏が、月刊誌『前衛』に連載している、『スターリン秘史』の第6章(7月号分)を読みました。

今回の標題は、『変質の理論面での特徴』ですが、内容の紹介は、はぶきます。

ひとつ、印象的だったのは、「スターリンが『大テロル』でおこなった蛮行は、その内容ではヒトラー・ファシズムのその時点での蛮行をさえ上回るものでした」の述べられていることです。

「その時点での」という、時間的な限定がついていますが、スターリンは、ヒトラー以上の巨悪だったということです。



『読売新聞』は恥を知り、世論の誤導を中止するべきです

『読売新聞』は恥を知り、世論の誤導を中止するべきです。

前回の、「慰安婦の強制連行は国際社会の誤解だ」と強弁する「社説問題」では、あえてタイトルに紙名を記しませんでした。

度重なることなので、今回はタイトルに紙名を記します。

『読売』2日付は、「選挙制度 視点」という1面の連載記事で、「『完全比例』なら政治停滞」と大見出しをたてました。4面のトップでは、「海外 国政混乱相次ぐ」とつづけました。

そして、この主張の裏づけとして、「主な国の下院の選挙制度」という一覧表を掲載し、「混合制」に日、韓、独の3か国、「小選挙区制」の欄に米国など5か国、「比例代表制」の国に6か国をかかげました。

驚くことに、この一覧表には、すべて「比例代表制」を採用している、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマークの北欧4国は、1か国も掲載されていません。

近年の新自由主義の浸食に苦労しながらも、民意を正確に反映する選挙制度のもとで、比較的安定した政治と、高度の社会保障制度を維持しているこれらの国ぐにを、1か国も掲載していないのです。

似たようなことは以前もしばしばありました。一例をあげます。

昨年、消費税増税法案が国会で審議されている最中に、『読売』は一面で、日本の政府債務残高の対GDP比が、G7のなかでダントツに高くなっている、財務省HPの例のグラフを掲載して、消費税増税を主張しました。
 
しかし、それをするなら、もう一つのグラフ、日本の政府財務残高の絶対額の伸びは、イギリスやフランスよりも低いというものも、掲載するべきでした。

しかし、それをすると、例のグラフの原因が、OECDで最下位の経済成長率と、最悪の「直接税収入の空洞化」だということが、明白になるので、しなかったのでしょう。

くりかえし世論の誤導をはかる『読売』は、恥を知るべきです。

image[1] (2)
           北欧のフィヨルド





プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR