小学校の恩師が、旭川市文化奨励賞を受賞されました

 私の小学校の恩師である塩田惇先生が、旭川市文化奨励賞を受賞されました。37年前に発足した旭川帰化植物研究会代表としての受賞です。発足35周年にあたる一昨年の、環境大臣表彰につづく壮挙です。

 私は先生から、昆虫採集の手ほどきを受け、中学生や高校生のときには大雪山縦走など山歩きのご指導も受けました。

 『あさひかわ新聞』10月30日号に掲載された先生のインタビューでは、教え子たちとの思い出を語られた部分で、私のことにもふれてくださいました。

 「次もまた衆議院選に出るのかな、共産党の荻生和敏。彼は私が最初に担任を持ったときの教え子でね、理科クラブに入っていて、昆虫少年だった。農家の子どもだったから、政治家になるんじゃなくて、農業昆虫のプロになるのかなって期待していたんだけど。ハハハ」

 どうも私は、「不肖の教え子」のようで(笑)

 いま世界は、2002年の生物多様性条約第6回締約国会議が定めた、「生物多様性の保全および持続可能な利用」のための「2010年目標」が達成できず、生物多様性と生物資源の危機に直面しています。

 この要因と克服の方途について、次のような的確な指摘がされています。

 「2010年目標の失敗は、広範で根の深い『市場の失敗』とともに、人類総体としての『自然認識の衰退』がその根本的な要因をなしている。前者の解決には、市場の限界をわきまえ、市場以外の社会経済システムを適切に機能させるための地球規模、地域規模でのさまざまなシステム変更が必要であるが、そこに至る人々の認識の深化ともかかわる後者は、科学・教育分野で取り組むべき課題である一方で、実践の中でなければ学べないという側面も持つ」(鷲谷いづみ東大大学院農学生命科学科教授「生物多様性の危機とその克服に向けて」 『前衛』2010年10月号)

 塩田惇先生は私に、「実践の中で自然認識を深化」させてくださいました。これは、私の政治家としての最も大切な原点の一つであり、深く感謝しています。

スポンサーサイト

演説会に、1200人が参加して盛況でした

 今日の演説会は、1200人が参加して盛況でした。市田忠義書記局長、はたやま和也比例候補、木村けんじ10区候補、菅原まこと12区候補と一緒に訴えました。以下は、私の訴えの要旨です。

 6区のおぎう和敏です。
 党利党略や政治家個人の野望が横行し、そこに財界・大企業やアメリカの要求が重なって、本当に心のない政治が続いています。

 その一つが、復興予算の流用です。
大震災・原発事故で多くの涙が流されました。流された涙は戻りません。
しかし、政治の力で、今流されている涙、今後流される涙を少なくすることはできます。それが復興政策、復興予算の役割です。

 ところがこの復興予算が流用されている。この旭川にも、流用されたお金が流れ込んでいます。どこにか?自衛隊の基地にです。金額は50億1000万円で、自衛隊基地の新築工事に使われています。そして、その73%が、東京のゼネコン五洋建設など、東京や札幌の業者に発注されています。こんな事がまかり通っています。

 この流用ができる仕組みは、去年の国会で、財界が唱える「創造的復興」なるものを錦の御旗にして、民主党、自民党、公明党、社民党などによって、日本共産党の反対を押し切って作られました。

 心のない政治、これは、原発、消費税と社会保障の一体改悪、TPP、アメリカ兵の集団女性暴行やオスプレイなど一事が万事です。このままでは、私たちの暮らしと心は、ますます壊されてしまいます。
 どうしても、はたやま和也さんを先頭に、日本共産党の国会議員を増やさなければなりません。

 今日のこの大きい会場。日本共産党がここで演説会を開くのは、1996年の総選挙以来16年ぶりです。あの選挙で私たちは、児玉健二さんの議席を取りもどし、全国で726万票、26議席を獲得しました。
 今日、敢えてこの会場で演説会を開いたのは、どんなことがあっても、16年前の選挙に勝るとも劣らない躍進を勝ちとり、北海道で衆議院の議席を奪還する決意を固めているからです。
 どうか皆さんのお力で、はたやま和也さんを、私たち3人の選挙区候補を、押しあげてください。

BS11の志位委員長インタビューに、27日の市田書記局長の演説会がますます楽しみになりました

 昨夜、BS11の「INsideOUT」で、志位和夫委員長のインタビューを見ました。

 尖閣諸島など、領土問題についての発言は圧巻でした。隣に座っていた松田喬和毎日新聞専門編集委員が、しきりにうなずきながら聞いていたのが、印象的でした。

 インタビュアーの二木啓孝氏が、視聴者の「共産党はブレずに正しいことを主張しているのに、なぜ支持率があがらないのか?」という質問を紹介し、志位委員長は「上がりつつある兆しもあるが、私たちの主体的な頑張りで引き上げたい」と答えました。

 これを受けて二木氏が、私も『赤旗』を読んでいるが確かに共産党はブレない。共産党の代表からこの番組で聞いたこともあるが、原発でも共産党が主張しつづけたことが、あの事故で証明されてしまった。という趣旨の発言をしました。

 いま、日本共産党の主張はうなずかれ、「ブレない」という評価を受けています。27日の市田忠義書記局長と畠山和也さんの演説会で、大勢の方に話を聞いていただくことが、ますます楽しみになりました。

◎日本共産党演説会 10月27日(土)午後2時から 旭川市市民文化会館大ホール
          市田忠義書記局長と畠山和也さんがお話しします

 

我が家の「冬の使者」は?

 皆さんは、「冬の使者」というと、渡り鳥や雪虫などが思い浮かぶと思います。

 我が家の「冬の使者」は、長男猫の寅(11歳)です。寅が夜帰ってくるようになると、毎年「ああもう冬だ」と思います。

 寅は、5月から今頃までは、外泊をつづけます。帰宅するのは食事のときだけ。食後は、休憩も取らずにプイと出て行ってしまいます。4匹の中で彼だけ外泊を重ねるのは、唯一野良の経験があるからでしょう。

 今年も、「大雪山で本格的に雪が降った」と報じられた昨夜、寅がふらりと帰ってきました。長い冬のはじまりです。

 大震災・原発事故の被災地では、仮設住宅に入居している人びとの多数が体調の不良を訴えています。ホームレスの人たちにも、とりわけ厳しい季節です。私たちも、アンテナを高くして、冬の厳しさに直面している人びとに心をよせ、力になりたいと思います。我が家の近くには見あたりませんが、野良君たちも、暖かい家が得られることを祈っています。

原発ゼロの署名がたくさん集まり、驚きました

 昨20日、旭川市のせいきょう忠和店前で、「原発ゼロをめざす旭川連絡会」の署名活動に参加しました。次の日程のため、40分間だけ署名簿を持って訴えましたが、25人もの人が署名してくれました。私自身の署名数の「新記録」です。署名してくださった人の中で、男性の比重が高かったのが印象的でした。
 また、「圧倒的な国民が原発反対なんだから、いまさら署名を集める必要はない」と断った人もいました。原発事故から昨年7月の「赤旗」による「九電やらせメール」のスクープあたりまでは、原発には「賛否拮抗」で、「国論二分」ともいうべき状態だったと思います。あらためて変化を実感しました。



 

路線バス会社に要請に行きました

 今週は、旭川市内の路線バスの会社(旭川電気軌道と道北バス)に、真下紀子道議や旭川市議団と一緒に、精神障害者にも身体や知的障害の人たち同様に、バス運賃の割引を行うよう要請に行きました。
 従来は、バス運賃割引の対象外となっていた精神障害当事者のねばり強い運動で、国土交通省は7月31日にバスの標準運送約款を改定して、「運賃の割引」の対象に「精神障害者福祉手帳の交付を受けている者」を加えました。このため、10月1日以降は、バス会社の判断で精神障害者にもバス運賃の割引が可能になり、すでに道内でも12社が実施しています。
 バス会社からは「改定の趣旨に即した方向に向かえるように努力します」「私たちも努力したいが、行政の支援もお願いしたい」などの回答がありました。
 私の知人にも精神の障害を持つ人がいますが、彼らの社会生活のバリアが低くなるように、彼らの顔を思い浮かべながら要請に臨みました。
 



 

大江健三郎氏の『定義集』を読みました

 本書は、2006年4月から12年3月まで、月1回、『朝日新聞』文化欄に連載されたエッセイを単行本化したものです。
 連載期間は、2005年9月11日の「郵政選挙」で自民党が38%の得票率で総議席の62%の296議席を獲得した半年後から、09年8月30日の「政権交代選挙」で民主党が42%の得票率で総議席の64%の308議席を獲得した時期を経て、東日本大震災と福島原発事故の1年後までです。
 氏は、06年7月の「子供じみた態度と倫理的思考力」で、ブッシュ大統領の脇でギターを弾き、靖国神社を参拝する小泉元首相の人格を「子供じみた」と喝破し、民衆に悲惨が残ると、警鐘を鳴らしています。10年8月の「被爆国の道義的責任とは何か」では、広島の平和記念式に出席した数時間後の記者会見で、管前首相が「核抑止力は、我が国にとって引き続き必要だ」と発言したのを「発言には一貫しないところがあり、しかもその矛盾をもたらしている根は深い」と批判します。
 ことし2月の「いま小説家のなしうること」は、「私はいま日本人の本質的なモラルとは、次の世代を生き延べさせるべくつとめることで、すべての原発を廃止する決意を示すのがその始まりだと考えます」と結んでいます。
 また、連載期間中に逝かれた「9条の会」の呼びかけ人である小田実氏、加藤周一氏、井上ひさし氏との交流と優れた業績をしのぶ、真情あふれる追悼の文も収録されています。
 本書には、ノーベル賞作家の文学的な営為を中心に、息子、夫、父としての真情、社会的な発言と行動などが綴られており、私は氏への尊敬の念を深めました。

山中伸弥教授のインタビューに感銘を受けました

 山中伸弥教授のノーベル賞受賞、素晴らしいことです。
 昨日は久しぶりの休みで、テレビで山中伸弥教授のインタビューを見ることができましたが、深い感銘をうけました。順不同に記します。
 第一は基礎研究について。教授は「基礎研究とは真理を探究すること。真理は幾重ものベールにおおわれている。基礎研究に従事する人は、そのベールを一枚一枚はがしてみる。しかし、真理がどのベールにおおわれているかは、わからない。真理を見つけられる人は幸運だ。たまたま私は、その幸運に恵まれた。ベールの奥の真理にたどり着けるかどうかにかかわらず、基礎研究に従事する人は、皆尊い営みをしている」
 第二は基礎研究に従事する人たちの境遇について。「iPS研究所の研究者の9割は3~5年の任期制。任期が切れた後どうなるかが、非常に心配。いざとなったら、『山中クリニック』を開業して受付事務員をしてもらおうか(笑い)」。これは、政府が国立大を独立行政法人化して運営費交付金を削りつづけながら、科学研究費を期限つきの「競争的資金」に偏重させていることの弊害です。文科省は、国立大学の教員に「任期制」を導入することも検討しています。なんという貧弱・貧相な「人間観」「科学観」でしょうか。
 第三は「特許」について。「私は『特許』を重視しています。それは、『特許』を京都大学が管理することによって、だれでも私たちの研究成果を利用できるようにするためです」。
 ノーベル化学賞の鈴木章北大名誉教授は、「自分は特許をとらない。私の研究は後輩や院生、学生に支えられており、研究費は税金から出ているから」と言われました。「特許」に対する立場は正反対に見えますが、「研究成果は万人が利用できるべき」という、共通する大志からのものです。山中教授の立場は、「知的所有権」の名のもとに、科学をもっぱら利潤追求に利用しようとする、多国籍企業などに対抗しようとするものだと思いました。

「『半農半画家』イマイカツミ絵画展」を観ました

 富良野市在住の画家イマイカツミ(今井克)さんの展覧会 イマイカツミ絵画展「ふ・る・さ・と・の・入・口」を観ました。「北海道の駅舎から見えるもの」という副題の、約200点のJRの駅舎の水彩画です。なつかしい駅、行ったことのない駅、たくさんの若者たちが乗降する駅(乗降客は描かれていませんが)、旭川の前駅舎など、今はない駅もありました。緑に囲まれた駅、銀世界の中の駅など季節もいろいろです。イマイさんは、農業ヘルパーを生業にしながら、休暇をとってワンボックスの軽自動車で、車中泊をしながら描きつづけたとのことです。
 私が地域をよく知っている駅もあり、地域の歴史や経済状況、出会った人々、今も一緒に活動している人々などに思いを馳せながら観ました。
 会場で購入した画集「大地のうた 富良野」に、イマイさんにサインしていただきました。選挙区の南半分の美瑛から南富良野の一帯が描かれており、こんど行くときは、携えて行くことにしました。今から楽しみです。
 

屋外ライブを梯子しました

 昨夜は、屋外ライブを梯子しました。と言っても、金曜抗議行動でのことです。
 旭川の金曜抗議行動は、デモも集会もなしで、各自が自由なかたちで集まるというユニークな形態です。昨夜も、フルートを持ってくる人、ギターの人、手書きのゼッケンやプラカードなどにぎやかでした。
 私は、フルートとギターを梯子しました。フルートではアメイジング・グレイス、ジュピター、フィンランディアなどを、ギターではボブ・ディランの「風に吹かれて」など、そして最後は「大間音頭」でした。
 途中、4条通から宮下通まで往復して「原発いらない!大飯とめろ!大間やめろ!」とコールしました。
 ある人から、「おぎうさんは、ポスターの写真で損をしています。この広場にいる時の表情をポスターにしたらとても良いと思います。」と「助言」をいただきました。私としては、ポスターは飛び切りの表情のつもりだったのですが、それよりも良い表情があるとは!驚きでした。うれしかったです。

領土・原発問題を語りあう「つどい」に参加しました

 旭川市の日本共産党北星支部がひらいた、「領土・原発問題を語りあうつどい」に参加しました。原発問題を元北電社員の水島能裕さんが、領土問題を私が担当しました。
 参加した人たちからは、「なぜ電力は不足していないのに、『不足』という宣伝がされるの?」「尖閣諸島問題は、日本共産党にマイナスの影響があるのでは?」などの質問がだされました。
 私たちは、「とにかく原発を運転したいという意図からです」「尖閣問題では、日本共産党の比類ない立場と取りくみを多くの人にわかってもらうことが大事だと思います。日中の経済関係は、天安門事件の頃とは比べ物にならないくらい深まっており、政治的、経済的な立場にかかわらず、日中の友好を大切に思っている人が増えており、日本共産党の立場を理解してもらう条件は広がっていると思います」とお答えしました。
 参加した人の中には、「姪から、『おばさんすごいよ、ニコニコ動画で5時間も共産党特集やるよ』と教えられてびっくりした」という人もいて、ニコニコ動画の反響の大きさをあらためて認識しました。
 

ニコニコ動画の「まるごと紹介!一気に見せます共産党!」を見ました

 3日がかりで、「空き時間」をつくって、ニコニコ動画の5時間生放送「まるごと紹介!一気に見せます共産党!」を見ました。リアルタイムで見た人が82600人、コメントが10万以上と大きな反響があった番組です。終始笑いが絶えず、長さを感じずに見ることができました。
 私には、志位委員長など党の側の受け答えも大いに学ばされましたが、ある意味それ以上に、インタビュアーの角谷浩一氏の一言ひとことに、興味をいだき共感しました。
 角谷氏は、他党では考えらないような党本部や「赤旗」編集局のオープンな対応に驚きながら、尖閣諸島や中国共産党への態度、立派な党本部や日常活動の財源を「草の根」からの資金でまかなっていること、「自由と民主主義」と「共産」の関連、国会議員も若い党本部職員も個性あふれる人たちであることなどを、氏には直ちには納得できないことも含めて、「初めて知った」と言いながら伝えてくれました。
 国民のたたかいに支えられながらも、民意を歪める不公平な選挙制度と横暴な国会運営から日々被害に遭っているいる国会議員団の合言葉は、「なんくるないさー」だとのこと。このしなやかさを、私も身につけたいものです。
 このような番組を制作したニコニコ動画の見識と、それを見てくれた多くの人々に感謝します。一人でも多くの人に、一部分でも見てもらいたい番組です。

毎日のように街頭から政策を訴えています

 毎日のように街頭から政策を訴えています。テーマは領土問題、消費税、原発、TPP、オスプレイなどです。昨日は、旭川市豊岡のスーパーの前で、通りかかった2人連れの女性が、芝生に座って最後まで聴いてくださいました。話し終えて名刺を渡しながらお礼を言うと、「おぎうさんとおっしゃるんですか。頑張ってください」と励ましてくださいました。すぐ近くでお客さんを待っていたタクシーの運転手さんにも名刺を渡すと、にこやかに受け取ってくださいました。
  

ブログを開設しました

 ブログを開設しました。

 3月以降の活動については、ツイッター(http://twitter.com/151236545)をご覧ください。
プロフィール

FC2USER441061ZKS

Author:FC2USER441061ZKS
〇1949年旭川市永山生まれ 
〇正和小、明星中、旭川西高、宇都宮大学卒業  
〇家族 妻、2男(札幌と横浜に在住)、猫4匹(ねず、とら、みけ、ぎん) 
〇趣味 昆虫の観察と研究。ジョギング。
〇写真は、「さようなら原発全道1万人集会」(2012年10月13日。1万2千人が参加)の会場で写したものです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR